ICOとはInitial Coin Offeringを略したものです。
仮想通貨によるICO(Initial Coin Offering)は新規株式公開(IPO)にとって代わる起業家の資金調達手段として海外を中心に広く広まりつつあります。
仮想通貨によるICOは、新規に事業を起こそうと考えている投資家や企業が、投資家に対して実現しようと考えているサービスをホワイトペーパーで示して、賛同する投資家から仮想通貨を払い込んでもらいます。
そして払い込みを受けた起業家や企業は、ICOにより実現するサービスで利用可能な仮想通貨(トークン)を投資家に引き渡します。

事業を実施するための資金を、払い込みを受けた仮想通貨を換金する事により得た起業家、企業は、ホワイトペーパーに記述したサービスを実現するための開発を行います。

新規株式公開との違いは、IPOが既に収益を上げている企業が株式を公開するのに対して、ICOはまだ存在しないサービスを実現するための投資を募るという点です。
どちらかというとクラウドファンディングに似ている面がありますが、クラウドファンディングとの違いは、ICOでは、一般的にICOが成功すると、仮想通貨取引所で投資家に渡した仮想通貨(トークン)が取引可能となる上場を実施するという点です。
投資家はサービスが実現される前に仮想通貨取引所で売却する事が可能となります。
(ICOの内容によっては取引所への上場が行えないものがあります)
上場される仮想通貨取引所は日本国内の仮想通貨取引所ではなく、アルトコインを多く扱う海外の仮想通貨取引所で上場されるのが一般的です。
上場時には激しい値動きをする事が多く、このためICOでは、IPOと同様に値上がりを期待した投資を行う投資家も存在します。