ICOとは

ICOとはInitial Coin Offeringを略したものです。
仮想通貨によるICO(Initial Coin Offering)は新規株式公開(IPO)にとって代わる起業家の資金調達手段として海外aを中心に広く広まりつつあります。
仮想通貨によるICOは、新規に事業を起こそうと考えている投資家や企業が、投資家に対して実現しようと考えているサービスをホワイトペーパーで示して、賛同する投資家から仮想通貨を払い込んでもらいます。

そして払い込みを受けた起業家や企業は、ICOにより実現するサービスで利用可能な仮想通貨(トークン)を投資家に引き渡します。

事業を実施するための資金を、払い込みを受けた仮想通貨を換金する事により得た起業家、企業は、ホワイトペーパーに記述したサービスを実現するための開発を行います。

新規株式公開との違いは、IPOが既に収益を上げている企業が株式を公開するのに対して、ICOはまだ存在しないサービスを実現するための投資を募るという点です。
どちらかというとクラウドファンディングに似ている面がありますが、クラウドファンディングとの違いは、ICOでは、一般的にICOが成功すると、仮想通貨取引所で投資家に渡した仮想通貨(トークン)が取引可能となる上場を実施するという点です。
投資家はサービスが実現される前に仮想通貨取引所で売却する事が可能となります。
(ICOの内容によっては取引所への上場が行えないものがあります)
上場される仮想通貨取引所は日本国内の仮想通貨取引所ではなく、アルトコインを多く扱う海外の仮想通貨取引所で上場されるのが一般的です。
上場時には激しい値動きをする事が多く、このためICOでは、IPOと同様に値上がりを期待した投資を行う投資家も存在します。

新規事業として仮想通貨(トークン)ビジネス

ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)を実施すると、日本だけでなく、海外から広く注目されます。
英文あるいは中国語等の多言語対応のHPは必須となりますが、自社のビジネスを世界中の方に知ってもらい代理店を募集するなどの手段としてICOは最適なのです。

普通に多言語対応の商品紹介ページを作成しても誰からも見てもらえず問い合わせが全く来ないという事はよくある話ですが、ICOは世界中から注目されており、ICOを実施する事で世界中のICO情報サイトに掲載されて注目されます。

普通に英文のニュースリリースを配信しただけでは得られない効果があります。

また、仮想通貨(トークン)をポイントやクーポンのように活用する仕組みとすることで、投資家がそのまま見込み客にする事ができます。
もしもICOが失敗したとしても投資家からのフィードバックは実際のビジネスに生かす事ができます。
テストマーケティングとしてICOは最適だという事がお分かりだと思います。

ICO(Initial Coin Offering)で販路開拓

ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)では、ホワイトペーパーにより事業の新規性や収益性を世界中の投資家が判断します。
ICOは新規事業をワールドワイドに展開するには最適な手段です。

既存ビジネスに仮想通貨(トークン)を組み合わせるだけで全く新しいビジネスに変えることもできます。
製造業であれば保守サービスを仮想通貨(トークン)による支払いにする事で、仮想通貨(トークン)を上場させて将来の保守サービスによる収益を先取りする事や、顧客の囲い込みを実現する事ができます。

また、新製品の購入権を仮想通貨(トークン)により販売する事により、開発にかかるコストを確保する事ができます。
クラウドファンディングとは違い製品毎に投資を募るのではなく、ビジネスモデルに対して投資を行うので、開発した仮想通貨(トークン)を上場させることで、継続した収益の確保が可能です。

ICO(Initial Coin Offering)でビジネスプランを実現

新規事業を行うのに必要な顧客と資金を獲得する手段としてICO(Initial Coin Offering)は海外で広く認知されています。
ICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)により世界中の投資家にビジネスプランを判断して頂き、仮想通貨(トークン)による投資を募る事で、検討しているビジネスプランを客観的に判断してもらうことができます。
世界中からビジネスモデルがICOにより実現されています。投資家はICOの対価として配布された仮想通貨(トークン)を実現したサービスで使用するか、仮想通貨取引所に上場された際に換金する事により上場益を得る事ができます。
そのためICOを実施するためには仮想通貨取引所に上場をする事を前提に仮想通貨(トークン)の開発を行う必要があります。
サービスに利用できる仮想通貨(トークン)の開発および仮想通貨取引所への上場についてはお問い合わせ下さい。

最新おすすめICO情報メルマガ

ご登録頂くと国内外のICO案件情報を不定期にお送りいたします。

ニュース